石抜き機部分のVベルトは純正が一番!!

コイン精米機の内部のことなんですが、石抜き部分にありますVベルト。
DSC_0027.JPG

精米機の中でも、このVベルト内側と外側からの両方から負荷がかかります。

私の経験から、このVベルトは純正のものに限ります。

両方から負荷が掛かるので、純正のものが一番抵抗が少なく、摩耗が生じません。

ちなみに、純正で1年以上持ちました。
純正でないものは半年くらいで、ベルトに亀裂が入り、交換しました。

若干割高にはなりますが、Vベルトは純正が一番ですね。

糠の相場が変わってきています。

ウチがコイン精米機を設置した時、糠の相場は1キロ5円でした。

たかが5円とも言えますが、1か月に数百キロ出る糠が5円で買い取ってもらえるというのは、破格値でした。

厳密には、産業廃棄物なわけですから・・・。

ちなみにこの回収された糠は、コメの油として油分を抽出されます。

絞りかすは牛や豚などの家畜の飼料となる、まさにエコに使われていたんです。

ところが、数か月前から、1キロ2円に落ち込みました。

理由は、市場に糠が余ってきたから。

まあ、これは仕方がないことです、市場原理ですから。

さらに、関西で集荷された糠から、放射能物質が検出されました。

これは、糠回収業者にとっては致命的です。

回収業者は放射能を検知する機材を導入されたそうです。

ちなみに、設備投資費は数百万だそうで、とってもキロ2円でも採算が取れないところまできているようです。

産業廃棄物として処分すると、かなりの出費になることを思えば、タダでも引き取って貰えるだけ御の字です。

市場が復活することを祈って、ここはタダでも頑張るしかないですね。
タグ: 相場

七分搗きは黒めに設定する。

コイン精米機では、精米度を選ぶことが出来ます。

上白、標準、七分


だいたい、この3パターン。

さらにあるなら、無洗米でしょう。

ここで問題なのが、七分つき。

健康を憂慮してか、かなりの方が、七分搗きを選んでいるんです。

もし設定が変えられるなら、七分搗きは黒め(玄米に近い)にしておきます。

これは、

「もうちょっと白い方がいい。」

・・・と思われる方がかなり居ます。

そうすると、再度精米するケースが本当に多いんです。

10キロの米で、200円落としていかれる方も多いということになります。

ただし、気をつけなくてはいけないのは、一度精米した米は、流れが悪く、精米途中で止まることがあり、クレームの原因にもつながり兼ねません。

その時は、無料で残米を精米してあげましょう。

そうすることで、精米所としての不満も拭うことになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。