糠の相場が変わってきています。

ウチがコイン精米機を設置した時、糠の相場は1キロ5円でした。

たかが5円とも言えますが、1か月に数百キロ出る糠が5円で買い取ってもらえるというのは、破格値でした。

厳密には、産業廃棄物なわけですから・・・。

ちなみにこの回収された糠は、コメの油として油分を抽出されます。

絞りかすは牛や豚などの家畜の飼料となる、まさにエコに使われていたんです。

ところが、数か月前から、1キロ2円に落ち込みました。

理由は、市場に糠が余ってきたから。

まあ、これは仕方がないことです、市場原理ですから。

さらに、関西で集荷された糠から、放射能物質が検出されました。

これは、糠回収業者にとっては致命的です。

回収業者は放射能を検知する機材を導入されたそうです。

ちなみに、設備投資費は数百万だそうで、とってもキロ2円でも採算が取れないところまできているようです。

産業廃棄物として処分すると、かなりの出費になることを思えば、タダでも引き取って貰えるだけ御の字です。

市場が復活することを祈って、ここはタダでも頑張るしかないですね。
タグ: 相場

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。