糠の相場が変わってきています。

ウチがコイン精米機を設置した時、糠の相場は1キロ5円でした。

たかが5円とも言えますが、1か月に数百キロ出る糠が5円で買い取ってもらえるというのは、破格値でした。

厳密には、産業廃棄物なわけですから・・・。

ちなみにこの回収された糠は、コメの油として油分を抽出されます。

絞りかすは牛や豚などの家畜の飼料となる、まさにエコに使われていたんです。

ところが、数か月前から、1キロ2円に落ち込みました。

理由は、市場に糠が余ってきたから。

まあ、これは仕方がないことです、市場原理ですから。

さらに、関西で集荷された糠から、放射能物質が検出されました。

これは、糠回収業者にとっては致命的です。

回収業者は放射能を検知する機材を導入されたそうです。

ちなみに、設備投資費は数百万だそうで、とってもキロ2円でも採算が取れないところまできているようです。

産業廃棄物として処分すると、かなりの出費になることを思えば、タダでも引き取って貰えるだけ御の字です。

市場が復活することを祈って、ここはタダでも頑張るしかないですね。
タグ: 相場

コイン精米機の周りに三角コーンを置く。

当店のコイン精米機の前ですが、三角コーンを置いています。
110716_1835~01.jpg

店舗の前の駐車スペースに勾配がありますので、お客様がギリギリに自動車を停めようとして脱輪したり、店舗への衝突を避けるのが目的です。

米袋をコイン精米機まで、運ぶのは重い作業ですので、お客様は、いかに楽に運び込めるかを考えられます。

しかし、幅寄せの運転技術は、さまざま。

おかげで、一年くらいで、何度も車に引っ掛けられて、三角コーンの底は割れてしまってます。

ホームセンターに行けば、安く買えますので、コイン精米機の周りには、ぜひ置いておきましょう。

コイン精米機は不況に強い?

コイン精米機は、自動販売機コインランドリーと並ぶコイン事業ですが、一押しで不況に強いんです。

景気が悪くなると、一番絞られるのが、一家の大黒柱のお父さんのおこづかい。

景気が悪くなる→こづかいが減る→おウチごはんが増える→米の需要が増える。

↑のような図式が当然のように起こってきます。

景気が悪い方が、いいのかもしれません。

さらに、最近は農家から直接、玄米で購入される方も増えています。

「精米したてのお米は美味い!!」

家庭用の精米機もありますが、後の掃除も大変であったり、石抜きが出来なかったりで、コイン精米機の需要は、減る事はありません。

スーパーやホームセンターで、玄米で購入して、自分で精米した方が、割安ですので、新規のお客様は確実に増えていってます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。