駐車場を舗装する。

コイン精米機を設置する場所には、車を駐車するスペースが必要です。

出来れば2〜3台。

そして、駐車スペースはアスファルト、もしくはコンクリートで舗装しておいた方がいいでしょう。

なぜかと言いますと、舗装しておりませんと、雨の日の泥はねは、お客様が嫌います。

雨降りは、「コイン精米機」の売り上げが減ります。

舗装しておくことにより、他店に行くはずのお客様を取り込むことが可能になります。

110325_1328_02.jpg

さらにラインを引いておくと、お客様が順番に待ってくれます。

それと、もう一つ大事な事があるんです。

舗装するとゴミを捨てていく人が、格段と減ります。

ポイ捨ても目に見えて減少しますので、手間がはぶけます。

初期投資として必要ですが、長い目でみると舗装しておくことは、売り上げにも直接影響する事です。
【コイン精米機の売り上げをアップさせるの最新記事】

自動販売機を併設させて売り上げをアップさせる。

コイン精米機のそばに、自動販売機を併設すると、普通に道路端に設置した自動販売機より、効率よく収益が上がります。

小銭を持たずに来て、両替がてら、購入するパターンだけではありません。

単純に考えて、精米に来るお客様は、そこで数分間待ってなくてはいけません。
110222_1500_01.jpg

さらに、お客様は一人で来られる方が少ないんですよ、意外に。

中学生か、高校生くらいの息子さんに、お米を持ってもらってやってくるお母さん。

小さなお子さんと一緒に家族で来られるお客様。

全てが、ターゲットになるのはご理解いただけると思います。

出来ましたら、数台並べると効果的です。

自動販売機は、在庫を持たず、全てメーカーが管理するフルオペレーションにしておくと、楽チンですよ。

糠(ぬか)庫の設置

新規にコイン精米機を設置するとなった時、ぜひぬか)用の倉庫「ぬか庫」の設置をお勧めします。

↓当店の「ぬか庫」です。

110222_1501_01.jpg


精米して出た糠(ぬか)は精米機内に溜まります。

玄米の約1割が精米時にぬかとして出てきます。

ということは、繁盛してくると、その糠(ぬか)が精米機内に溢れかえることになります。

先行投資といえるものではないですが、「ぬか庫」に糠(ぬか)が流れるようにしておくとぬか庫で糠(ぬか)が噴出すことはあっても、コイン精米機本体は汚れる事はありません。

コレも農機具屋さんに頼めば、用意してくれます。

若干、割高ですので、経費削減したい方はホームセンターでご自分で購入されて、作られてもいいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。